参加温泉一覧 / 日帰りゆらん施設 / 岐阜 

飛騨古川桃源郷温泉 ぬく森の湯 すぱ〜ふる

入浴料:600

〒509-4275 岐阜県飛騨市古川町黒内1407
tel.0577-75-3111
ホームページ:飛騨古川桃源郷温泉 ぬく森の湯 すぱ〜ふる

和風浴室と薬草風呂

好評の和風浴室にも薬草風呂を新設した「ぬく森の湯 すぱ〜ふる」。ここは「健康をテーマに皆さまと共に考え、歩む温泉」として愛されている施設です。周辺の散策道「朝霧の森」では、四季折々の草花を観賞しながら散策を楽しめます。汗をかいた後は温泉でリフレッシュ、心も体も癒されます。

基本情報

●入館料/大人(中学生以上) 600円 小学生 400円 小学生未満無料
●定休日/毎週水曜日 (祝祭日の場合は営業します)
●営業時間/10:00〜21:00 (受付20:30まで)

温泉概要

●泉質/単純温泉(低張性弱アルカリ性低温泉)
●知覚的な特徴/無色透明、無味無臭
●溶存物質/0.792g/kg
●湧出量/110ℓ/分  ●pH値/7.9 
●源泉温度/28.6℃ ●飲用/不可

オープン1993年オープン
掛け流し掛け流しなし
温泉法の表示 加水なし/ 加温あり/ 循環あり/ 入浴剤の添加なし/ 消毒処理の添加あり
施設案内露天風呂/サウナ/休憩所/飲食/宿泊
入浴情報有料/タオル・バスタオル
無料/ボディソープ・シャンプー・化粧水
なし/乳液
you湯会員会員得々チケット使用不可
公共交通機関JR高山本線飛騨古川駅から飛騨市営バス桃源郷線で約30分
アクセス情報東海北陸自動車道 飛騨清見ICより
卯の花街道経由で30分

施設 旬彩の宿 季古里

施設内

飛騨匠の伝統の技が生きる極上のやすらぎ空間

鯉の泳ぐ瀬戸川と白壁土蔵街で知られる古川町の市街地から車で約15分。春は桃の花、秋はりんごの甘い香りに包まれる果樹園の一角にあるのがホテル季古里です。玄関を入ると、どっしりとした木組み、囲炉裏など飛騨の古民家を思わせるゆったりとした空間がお出迎え。おいしい水と新鮮な空気、地元の食材と天然温泉、満天に広がる星空や雪景色といった四季折々の風情がホテル季古里ならではのおもてなし。あなたの「ふるさと」として、飛騨路観光の拠点として、ぜひご利用ください。

●おすすめメニュー
飛騨牛、高冷地野菜や山菜、果実など、山紫水明の飛騨は食材の宝庫。さらに富山まで車で約1時間半という地の利を生かし、日本海の新鮮な魚介類を組み合わせたホテル季古里のお料理は、旬にこだわった手づくりの逸品ばかり。山海の珍味を心ゆくまでご堪能いただけます。

岐阜県飛騨市古川町黒内1400-1
TEL 0577-75-3311(代)
http://hotelkikori.com/
営業時間/チェックイン 15:00 チェックアウト 10:00  定休日(休館日)/なし部屋数/洋室:24室 和室:3室
宿泊定員/60名  
主要施設/大会議室「桧」・小会議室「桜」・宴会場「楢・藤」・視聴覚機

観光 飛騨古川まつり会館

いつでも古川まつりを体験・体感

まつり会館内には、飛騨の匠の技と粋を結集した絢爛豪華な古川祭の9台の屋台のうち3台(定期的に入替・古川祭期間を除く)と御神輿を常時展示しています。普段では決して見られない屋台上部の構造や細部にわたる伝統工芸の飾り・彫り物などがご覧いただけます。

TEL 0577-73-3511

観光 いなか工芸館

雪ざらし山中和紙と紙漉き体験

雪ざらしという独特の手法による和紙づくりが始まったのが約800年前です。この伝統技術を広く伝承し、地域の産業振興を目的に造られたいなか工芸館。山中和紙の紙漉き体験ができます。

TEL 0577-65-2912


Top